GIMブログ(あくえりの暢気にジェネラル)

JCHO東京城東病院総合診療科の森川暢によるブログです。総合内科と家庭医療が融合した、病院総合医の理想像を追い求めています。夢は、理想的な病院総合医のシステムの確立と普及です!今日の時代におけるGIMは、診断学や内科マネージメントに加えて、家庭医療学を専門にする必要があると考えています。

大学における総合診療

第15回 日本病院総合診療医学会 学術総会

 

第15回日本病院総合診療医学会。

「Where dreams come true
~市中と大学のコラボレーション~

という若手セッションのパネリストとして参加ました。

 

やはり、大学の力は偉大だと再認識しました。

市中病院でずっと来ていて臨床だけで、やってきましたが、アカデミックな面でも組織としての力という面でも大学で総合診療をやる意義について改めて重要性を再認識しました。

総合診療の領域で有力な市中病院と大学との連携に未来があるのではと夢が膨らみました。

市中病院でずっとやった後に大学に行くというキャリアもありなのかなと。

順天堂大学総合診療科の皆様が一致団結し、とても雰囲気良くされているのに触れ、そういう意味でも大学は良いかもしれないと思いを新たにしました。

得るものが多い学会でした。

本当にありがとうございました。