GIMブログ(あくえりの暢気にジェネラル)

JCHO東京城東病院総合内科の森川暢によるブログです。日々GIMに関するネタを書く予定です

脊髄損傷と膀胱癌の関連

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

リハビリ病院におけるコホート研究

3670人のspinal cord injuryの患者を対象としている。

留置カテーテル、留置カテーテル未使用、 multi カテーテルに分けて検討

f:id:aquariusmedgim:20170329111515p:plain

ICD使用は頚椎病変で多い。

 

 留置カテーテル使用で明らかに膀胱癌が増加

f:id:aquariusmedgim:20170329113851p:plain

 

 

留置カテーテルではRR4.9と相対リスク増加

maltiple catheterではそれほどではない。

f:id:aquariusmedgim:20170329114010p:plain

 

留置カテーテルは膀胱癌のリスクと思われる。

 

 

 

では、どのタイプの膀胱癌が多いのか?

Bladder cancer in spinal cord injury patients. - PubMed - NCBI

 

脊髄損傷に関連した膀胱癌の特徴を検証した後ろ向きの研究

 

f:id:aquariusmedgim:20170329141315p:plain

扁平上皮癌、移行上皮癌、腺癌の順番に多い

 

f:id:aquariusmedgim:20170329141827p:plain

このstudyでは留置カテーテルはそれほど多くはない

→神経因性膀胱自体が膀胱癌のリスクである可能性あり。

 

 

f:id:aquariusmedgim:20170329141815p:plain

さらに比較的進行している癌が多い。

カテーテルや感染などによって癌がよりagressiveになっている可能性あるとのこと。

 

あと、そもそもカテーテルが留置されていて常に膀胱が収縮しているため、膀胱癌がなくても膀胱壁は肥厚している傾向にあるため、診断が遅れるかもしれない。

 

 

つまり脊髄損傷の患者は膀胱癌のリスクが高いため、注意深くフォローし、膀胱鏡のリスクは低くすべき。